久留米シティプラザ 久留米シティプラザ

プレレクチャー「劇場で考える~多文化共生~」

村川拓也『 Pamilya(パミリヤ) 』関連事業

いくばい! 0

よかやん! 0

気になる! 0

すごかね! 0

楽しみ! 0

へぇ 0

なるほど 0

演劇作品の背景について考える
テーマ:多文化共生
 
 
久留米シティプラザでは、独自の視点で時代を捉え、表現方法をも模索し応答しようと試みる意欲的な作品をセレクトし、「知る/みる/考える 私たちの劇場シリーズ」として、みなさまにご紹介いたします。関連事業として行うプレレクチャーでは、作品の背景にある事柄を1つ取り上げて、市民に身近な実践例を紹介し、作品への興味関心を高めます。

本シリーズの第2弾・村川拓也『 Pamilya(パミリヤ) 』の上演に先駆けて行う関連事業・プレレクチャーでは、「多文化共生」をテーマにいたします。ゲストには、看護師・介護教員の経験などを活かし、福岡県内外にて外国人介護士育成に従事している田中優子氏、ビジネスマンとしての豊富な海外経験を踏まえて、久留米市に在住するフィリピンからの労働者や実習生とその将来などに関心を寄せ、育成・支援活動に尽力している田中俊明氏をお迎えします。「多文化共生」をめぐる諸課題をいかに社会化していくか、他人事ではなく自分事にしていくか。ゲストとともに考えてみませんか。

 

 

開催日時・場所

2022年11月27日(日)
久留米シティプラザ
中会議室

概要

実施概要
 
 日程ほか
 
ゲスト:田中優子(外国人介護士育成・就労支援)、田中俊明(リアルテクノロジー株式会社 代表取締役)
進行:長津結一郎(九州大学大学院芸術工学研究院助教)
日程:2022年11月27日(日)14:00~15:30
会場:久留米シティプラザ 中会議室
料金:無料(要申込)
定員:30名(先着順)
対象:どなたでも
 

 

  申込方法 ※要事前申込(先着順)
 
受付期間 現在準備中(決定次第、掲載いたします)
 
 
 
 プロフィール 
 
田中優子(外国人介護士育成・就労支援)
看護師・介護支援専門員・教員として約35年間、医療・福祉・教育の仕事に携わる。2009年より外国人介護士育成を中心に活動。現在は、介護福祉士養成校の講師、介護施設のEPA介護福祉士候補生の国家試験対策を担当。
 
 
田中俊明(リアルテクノロジー株式会社 代表取締役)
国立久留米工業高等専門学校卒業。三菱重工業等での勤務後、製造装置部品等の販売会社を設立。現在は、中国企業へのコンサルティングに従事。近年は外国人労働者に関心を持ち、フィリピンにおける介護士育成学校の整備等にも携わる。これまで訪れた国は20カ国、渡航回数は200回を超える。
 
 
長津結一郎(九州大学大学院芸術工学研究院助教)
多様な関係性が生まれる芸術の場に伴走/伴奏する研究者。専門はアーツ・マネジメント、文化政策。障害のある人などの多様な背景を持つ人々の表現活動に着目した研究を行なっているほか、音楽実技やワークショップに関する教育、演劇・ダンス分野のマネジメントやプロデュースにも関わる。現在、九州大学大学院芸術工学研究院助教。2013年東京藝術大学大学院博士後期課程修了、博士(学術・東京藝術大学)。著書に『舞台の上の障害者:境界から生まれる表現』(単著。九州大学出版会、2018年)、『アートマネジメントと社会包摂』(共編著。水曜社、2021年)など。日本文化政策学会理事、文化経済学会<日本>理事、日本アートマネジメント学会運営委員。
 
 

お問合せ

主催 久留米シティプラザ(久留米市)
TEL 0942-36-3000(代表)
FAX 0942-36-3087
MAIL kcp-j@city.kurume.lg.jp
備考 〒830-0031 久留米市六ツ門町8-1 久留米シティプラザ