久留米シティプラザ 久留米シティプラザ

コトリ会議『セミの空の空』

(せみのそらのそら)

いくばい! 3

よかやん! 1

気になる! 0

すごかね! 0

楽しみ! 0

へぇ 0

なるほど 0

https://kotorikaigi.tumblr.com/ ←☆稽古日誌 日々更新中☆

 

■情報更新■ ワークショップの講師を担当!

2020年1月17日(金)に、コトリ会議が講師を務める表現のワークショップを久留米シティプラザで開催

ワークショップの中では、コトリ会議の台本を使う予定です。興味のある方はぜひ!

 

●上演後にバックステージトーク 

すべての公演で開催が決定。今観た作品がさらに深まるような、お客様と出演者のトークタイム。

台本のこと、演技のこと、関西の演劇事情など作品以外のことにもお答えできますので、この機会に是非。

 

●演劇ツアー公演 3回め、2度目の九州公演。9月14日(土)10:00~前売りチケット発売中。

夏の日、息子がすがりついて、
「お父さん、コトリ会議の次回公演には宇宙人、出ないの?」
「出ないよ」
「僕宇宙人、出てほしいよう」
「タイトルをご覧。宇宙人、ひとかけらもないだろう」
「空の空だってカッコつけたって、どうせ宇宙のことなんだろう?」
「どうせ、どうせ宇宙なんだろう?」
「どうせ宇宙さ、そうだろう?」
「どうせ宇宙なんだろう?」
「どうせ宇宙なんだろう?」
「どうせ、どうせ」
「宇宙なんだろう?」

コトリ会議『セミの空の空』

前回公演『全部あったかいものは』《2019年・福岡ぽんプラザホール》

開催日時・場所

2020年1月18日(土) 〜 2020年1月19日(日)
1月18日(土)19:30開演
1月19日(日)11:00開演/15:30開演

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
終演後に「バックステージトーク」あり

久留米シティプラザ
福岡県久留米市六ツ門8-1
Cボックス

料金

【日時指定、全席自由、税込み】

一般 2,500円
18~25歳割 2,000円
高校生以下 1,000円
九州7県以外割☆ 700円

当日(一律)3,000円

※未就学児の入場はお断りさせていただきます
※18~25歳割、高校生以下、九州7県以外割は証明するものを入場ときにご呈示ください。
☆福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の7県にお住まいではないお客様

出演者

牛嶋千佳 まえかつと 三村るな 若旦那家康〈以上、コトリ会議〉

野村有志〈オパンポン創造社〉
中村彩乃〈安住の地/劇団飛び道具〉
浜本克弥〈小骨座〉

チケット情報

チケットに関する詳細はこちら

【一般発売】9月14日(土)10時〜

概要

 

 チケット取り扱い 
  • >久留米シティプラザ 窓口 2階総合受付(営業時間10:00~19:00 ※営業時間は変更になることがあります) / WEB 

  • >チケットぴあ <Pコード496-291 > WEB

  • >劇団CoRichチケット WEB

公演 紹介
  • 2019年2月に福岡で開催されたキビるフェス参加作品『全部あったかいものは』を踏まえて、半年かけて戯曲をより書き込み、作品の強度を上げたものを創作し、ツアーをまわります。

  • <久留米以外での開催日程>

    2019年11月15日(金)~18日(月) 神戸 共催:神戸アートビレッジセンター(KAVC) KAVC FLAG COMPANY 2019-2020参加作品

    2019年12月11日(水)~16日(月) 東京 提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

コトリ会議 紹介
2007年結成。関西を拠点に作家・演出家の山本正典の作品を上演することを活動の中心としている。
山本の作品は、現代社会の不条理なあらゆる別れを、SFや民話などの設定を借りて密やかに優しく描きだす。その密やかさは詩的なセリフは軽妙なリズムと空白の間、声の高低、ギリギリまで絞った照明の陰影をもって表現し、優しさは人だけではなく命のあるものすべてを等しく見つめている。
一見して、静かな会話劇でありつつ、視覚と聴覚を意識させるささやかな実験性を含んでいる。
近年の活動としては、拠点の関西以外でもフットワーク軽く長編公演をおこない、また短編イベントや劇場外を利用するイベントにも編成を変えて柔軟に出演している。
 
<主な活動歴>
平成22年、應典院舞台芸術祭「space×drama2010」にて優秀劇団を受賞。
平成26年、伊丹市立演劇ホールAI・HALLにて「次世代応援企画break a leg」に選出される。
平成27年10月から平成28年4月にかけて、他地域の劇団と共催で初の5都市ツアーで作品を上演。
平成29年4月から8月にかけて劇団初の単独ツアーを5都市で上演。
平成30年5〜6月、大阪・東京・仙台3都市ツアーを上演。
平成30年7月、第9回せんがわ劇場演劇コンクールにてファイナリスト選出。山本が劇作家賞を受賞。
平成30年7月、山本が、第6回せんだい短編戯曲賞最終候補に選出。
平成30年9月、神戸アートビレッジセンター主催「KAVCアートジャック2018」へ参加。
平成30年11月、伊丹市立演劇ホールAI・HALL主催『現代演劇レトロスペクティヴ』にて上演。
平成30年12月、山本が、第25回OMS戯曲賞最終候補に初めて選出される。佳作を受賞。
平成31年2月、福岡きびる舞台芸術祭「キビるフェス2019」に参加。初めての九州公演。

 

スタッフ
作・演出:山本正典
舞台監督:柴田頼克〈かすがい創造庫〉
音響:佐藤武紀
照明:石田光羽
演出助手:要小飴
舞台美術:竹腰かなこ
小道具:伊達江李華〈小骨座〉
衣装:松崎雛乃
宣伝美術・撮影:小泉しゅん〈Awesome Balance〉
イラスト:牛嶋千佳
制作:若旦那家康

お問合せ

主催 コトリ会議
共催 久留米シティプラザ(久留米市)
TEL 050-5240-3066(コトリ会議制作:ワカバヤシ)
MAIL kotorikaigi@gmail.com
URL http://kotorikaigi.starfree.jp/2019/
備考 公式ホームページ http://kotorikaigi.com