久留米シティプラザ 久留米シティプラザ

木ノ下歌舞伎『桜姫東文章』

このイベントは終了しました

木ノ下歌舞伎、待望の新作を久留米で上演。
第35回三島由紀夫賞を受賞した演劇界の旗手、岡田利規との初タッグで
鶴屋南北の代表作に挑む。
 
 
京都を拠点に、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する劇団、木ノ下歌舞伎。 2021年、久留米に初登場した際は、古典作品の大胆な解釈と時代を超えて現代人にも共通する精神の描き方に称賛の声があがりました。早くも2023年3月に久留米で新作公演を行います。
 
上演するのは、『東海道四谷怪談』等の名作を残した鶴屋南北の代表作『桜姫東文章』。
木ノ下歌舞伎は作品ごとに演出家を迎えるスタイルで、今回約5年ぶりに新たな演出家を迎えて新作に取り組みます。演出は、国内外で活躍し、近年の能の翻訳や能の形式での作品制作にも意欲的に取り組む、岡田利規(チェルフィッチュ)。木ノ下裕一監修・補綴のもと、岡田利規書き下ろしの上演台本で、数々の演出家が手がけてきた『桜姫東文章』に挑みます。
 
世界が激動し、社会の価値観も変わりゆく時代に、禁断の恋と零落の物語はいかに〈更新〉されるのか。
豪華キャスト&スタッフを迎え、木ノ下歌舞伎ならではの〈新〉境地でお届けします。
 

木ノ下歌舞伎『桜姫東文章』チラシ(PDF)はこちら

木ノ下歌舞伎・木ノ下裕一さんコメント動画(YouTube)はこちら

木ノ下歌舞伎『桜姫東文章』

出演:成河、石橋静河ほか

開催日時・場所

2023年3月4日(土) 〜 2023年3月5日(日)
久留米シティプラザ
久留米座

 
公演内容
 
  日程
 
2023年3月
4日(土) 15:00開演(開場14:30)
5日(日) 13:00開演(開場12:30)
 
<上演時間:3時間15分(休憩含む/予定)>
 
 
  料金【全席指定/税込】
 
一般:4,500円
U25(25歳以下):3,000円
高校生以下:1,000円
 
※高校生以下およびU25チケットは入場時要証明書提示
※未就学児のご入場はご遠慮ください
託児サービス有、詳細はこちら(定員有/無料/要事前予約 TEL 0942-36-3000)
※車椅子でご来場の方は事前に久留米シティプラザまでお問い合わせ下さい
 
当日券について 下記の通り販売いたします
 
[販売開始日時] 
3月4日(土) 14:00~、
3月5日(日) 12:00~
※各回・開演の1時間前から
 
[販売場所] 久留米座 受付
 
[販売枚数] 若干枚数
 
[料金]
一般 4,500円、
U25(25歳以下) 3,000円、
高校生以下 1,000円
※前売券料金と同じ
 
 
 
  観劇サポート
 
本公演では、お客様の観劇に際して以下のご用意をしております。
みえない・みえづらいお客様へ
[リアルタイム音声ガイド]サービス : 3/5(日)13時の回のみ
登場人物の動きや衣裳・舞台セットなど、舞台上の場面や情景をイヤホンを通してご説明します。イヤホンは片耳だけ装着していただくので、俳優の声や舞台上の音は直接お聞きいただけます。
※機器の写真はイメージです。
リアルタイム音声ガイド
 
きこえない・きこえづらいお客様へ
[ポータブル字幕機提供]サービス : 3/5(日)13時の回のみ
登場人物の台詞や舞台音の説明などを、お手元の字幕機に表示します。表示画面は舞台の進行に合わせて自動で切り替わるので、お客様の操作は不要です。
※機器の写真はイメージです。
ポータブル字幕機
 
観劇サポート・チケット料金 
一般:4,050円、
U25(25歳以下):2,700円、
高校生以下:900円
※定価の1割引きの金額です
※介助者1名まで無料
 
お申込み 
座席位置・提供数に限りがございますので、下記までご予約・お問合せください。
メール:kcp-j@city.kurume.lg.jp  
TEL:0942-36-3084
 
予約締切 
2月20日(月)
 
 
  スタッフ・キャスト
 
作:鶴屋南北
監修・補綴:木ノ下裕一
脚本・演出:岡田利規
 
出演:成河、石橋静河、武谷公雄、足立智充、谷山知宏、森田真和、板橋優里、安部萌、石倉来輝
※出演を予定しておりました高山のえみは、諸事情により降板いたしました。なお、久留米公演において、これに伴うチケットの払い戻し対応は致しません。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。(1月13日)
 
サウンドデザイン:荒木優光
美術:稲田美智子
照明:吉本有輝子
音響:甲田徹
衣裳:藤谷香子
補綴助手:稲垣貴俊
演出助手:中村未希
演出部:湯山千景
舞台監督:大鹿展明
宣伝美術:外山央
宣伝写真:吉次史成
宣伝衣裳:藤谷香子
宣伝ヘアメイク:国府田圭(成河)、須山智未(石橋静河)
宣伝衣裳協力:PHBLIC×KAZUI、大野知英
制作:本郷麻衣、堀朝美、大蔵麻月
 
 
  あらすじ・人物相関図
 
"深淵に沈み、また浮かぶ恋
激動する世界で、いまを問い直す「桜姫」"
 
新清水寺の高僧・清玄には、若い頃、稚児・白菊丸との心中に失敗した過去があった。その十七年後、吉田家の息女・桜姫が尼になるため新清水寺にやってくる。父と弟を殺され、家宝を失った桜姫は、生来開かない左手を前世の罪ゆえと考えて出家を決意していたのだ。
そこで桜姫が再会したのは、かつて自分を犯した盗賊・釣鐘権助だった。権助の子を産んでいた桜姫は、出家を翻意して権助と交わる。しかしその結果、桜姫の不義の相手として、権助ではなく清玄が無実の罪で告発されてしまった。追放された清玄は、桜姫こそ白菊丸の生まれ変わりだと確信。ところが桜姫はつれなく、ついには誤って清玄を殺してしまう。
変転の末に女郎となった桜姫には、夜ごと枕元に清玄の幽霊が立つという噂が立った。ある夜、清玄の幽霊が桜姫の前に現れ…。
 
画:木ノ下裕一
 
 
 プロフィール
 
岡⽥ 利規(おかだ としき)
岡⽥ 利規[おかだ としき]
演劇作家/⼩説家/チェルフィッチュ主宰
1973年横浜⽣まれ、熊本在住。“想像”を⽤いた独特な⾔葉と⾝体の関係性による⽅法論や、現代社会への批評的な眼差しが評価され、国内外で⾼い注⽬を集める。チェルフィッチュでは2007年に『三⽉の5⽇間』で海外進出を果たして以降、世界90都市以上で上演。近年では欧州の公⽴劇場のレパートリー作品も⼿がける。能の現代語訳や能のフォーマットを⽤いた『未練の幽霊と怪物―「挫波」「敦賀」―』(2021年)の制作、歌劇『⼣鶴』(2021年)では初のオペラ演出を⼿がけるなど幅広く活動。
 
成河(そんは)
成河[そんは]
1981年⽣まれ、東京都出⾝。⼤学時代から演劇を始め、北区つかこうへい劇団などを経て舞台を中⼼に活動。国内外の著名演出家の作品に多数出演。平成20年度⽂化庁芸術祭演劇部⾨新⼈賞、11年に第18回読売演劇⼤賞優秀男優賞を受賞。近年の主な舞台出演は『髑髏城の七⼈』Season 花、『エリザベート』『タージマハルの衛兵』『ねじまき⿃クロニクル』『フリー・コミティッド』『イリュージョニスト』『⼦午線の祀り』『スリル・ミー』『森フォレ』『検察側の証⼈』『冒険者たち』など。映像ではNHK『マッサン』『ここは今から倫理です。』、映画『カツベン︕』など。本年のNHK⼤河ドラマ『鎌倉殿の13⼈』に義円役で出演。本年の舞台は4/27〜『EDGES』、7⽉『導かれるように間違う』、9⽉〜『COLOR』に出演。
 
⽯橋 静河(いしばし しずか)
⽯橋 静河[いしばし しずか]
1994年⽣まれ、東京都出⾝。2015年の舞台『銀河鉄道の夜2015』で俳優デビュー。初主演作『映画夜空はいつでも最⾼密度の⻘⾊だ』で第60回ブルーリボン賞新⼈賞、第91回キネマ旬報ベスト・テン新⼈⼥優賞ほか多数の新⼈賞を受賞。近作に映画『あのこは貴族』『前科者』、舞台『未練の幽霊と怪物「挫波」「敦賀」』『近松⼼中物語』、ドラマ『東京ラブストーリー』『⼤⾖⽥とわ⼦と三⼈の元夫』など。本年のNHK⼤河ドラマ『鎌倉殿の13⼈』に静御前役で出演。
 
⽊ノ下 裕⼀(きのした ゆういち)
⽊ノ下 裕⼀[きのした ゆういち]
⽊ノ下歌舞伎主宰
1985年和歌⼭市⽣まれ。⼩学校3年⽣の時、上⽅落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関⼼を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演⽬上演の補綴・監修を⾃らが⾏う⽊ノ下歌舞伎を旗揚げ。代表作に『娘道成寺』『隅⽥川』『東海道四⾕怪談̶通し上演̶』『⽷井版摂州合邦辻』『義経千本桜̶渡海屋・⼤物浦̶』など。2015年に再演した『三⼈吉三』にて読売演劇⼤賞2015年上半期作品賞にノミネート、2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年度⽂化庁芸術祭新⼈賞を受賞。第38回(令和元年度)京都府⽂化賞奨励賞受賞。渋⾕・コクーン歌舞伎、神⽥伯⼭の補綴を務めるなど、外部での古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。
 
⽊ノ下歌舞伎(きのしたかぶき)
⽊ノ下歌舞伎[きのしたかぶき]
歴史的な⽂脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演⽬上演の可能性を発信する団体。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、主宰である⽊ノ下裕⼀が指針を⽰しながら、さまざまな演出家による作品を上演するというスタイルで、京都を中⼼に2006年より活動を展開している。久留米シティプラザでは『義経千本桜―渡海屋・大物浦―』(2021年7月)を上演した。
 
木ノ下歌舞伎『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』(2021)
木ノ下歌舞伎『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』(2021) 撮影:bozzo
 
 
チケット発売
 
一般発売 
2022年12月11日(日)10:00~
 
 プレイガイド
 
  ■久留米シティプラザ  
 
 WEB ※会員登録が必要です
 
 窓口  ※営業時間 10:00~19:00 臨時休館あり
 
 
 
掲載情報
 
  インタビュー、コラム等
 
2022/12/28 シティ情報ふくおか
木ノ下裕一 インタビュー掲載
 
2023/01/12 AMCF \NEW!/ Mobile site.
木ノ下裕一 コラム掲載
 
2023/01/19 AMCF \NEW!/ Mobile site.
岡田利規 コラム掲載
 
 
 
2023/02/25 毎日新聞(朝刊)
福岡・久留米で木ノ下歌舞伎 3月
 
 
 
 
  公演情報
 
2022/11/01 シアタービューフクオカ
 
2022/11/25 ホットペッパー久留米
 
2022/11/28 シティ情報ふくおか
 
2023/02/09 点字毎日
 
 
関連事業
 
  木ノ下裕一 トーク&レクチャー
 
木ノ下歌舞伎『桜姫東文章』の上演に先駆けて、主宰・木ノ下裕一氏が作品や時代背景について楽しく解説するトーク&レクチャーを開催いたします。
約200年前に創作された本作のあらすじを知り、見どころを踏まえておくことで、より深い観劇体験となるでしょう。公演チケットの先行予約特典付きです。お得な機会を、ぜひお見逃しなく。
 
日時:2022年11月23日(水・祝)
14:00~15:30
会場:久留米シティプラザ Cボックス
講師:木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎 主宰)
料金:無料(要申込)
定員:50名程度(先着順)
対象:中学生以上
締切:2022年11月16日(水)必着
 
 
新型コロナウイルス対策について 
(2020年9月1日付)
 
【お客様へのお願い】
 詳しくはこちら(PDF)
 
鑑賞マナーについて 
(2022年12月1日付)
 
【お客様へのお願い】
 詳しくはこちら(PDF)
 

お問合せ

久留米シティプラザ(久留米市)

TEL 0942-36-3000(代)
FAX 0942-36-3087
企画・製作 ⽊ノ下歌舞伎/⼀般社団法⼈樹来舎
主催 久留米シティプラザ(久留米市)
助成 令和4年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業
連携 穂の国とよはし芸術劇場PLAT、ロームシアター京都、りゅーとぴあ新潟市⺠芸術⽂化会館
いくばい! 12

よかやん! 5

気になる! 6

すごかね! 2

楽しみ! 3

へぇ 0

なるほど 0