久留米シティプラザ 久留米シティプラザ

Quatuor Bが贈る 3歳からの「はじまりの音楽会」レポ

1/5(日)、ザ・グランドホールで行われたQuatuor B(クワチュール・ベー)が贈る 3歳からの「はじまりの音楽会」の様子をご紹介します。

第一部のオープニングは、楽しいプロモーション映像でスタート。直後に照明が落ち、真っ暗になったホールの客席から、クワチュール・ベーの4人が『ボレロ』(M・ラヴェル)を奏でながら登場するというサプライズで幕が開きました。


大型スクリーンを使ってのメンバー&楽器紹介では、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンという4種のサクソフォーンそれぞれの音域にぴったりの曲を披露。個性あふれる演奏に会場は大盛り上がり!その後、楽器のパーツを組み立てながら、サクソフォーンの音が出る仕組みをわかりやすく解説してくれました。

『日本の四季によるミニチュアシンフォニー』では、春夏秋冬をイメージした美しい照明を背景に、懐かしい童謡のメロディが響き渡りました。

第二部は、クワチュール・ベーが贈る音楽のおもちゃ箱『べーかるぼっくす』。耳馴染みのクラシックやポップス、演歌など幅広いジャンルの名曲をメドレーでお届けしました。大ヒット中の『パプリカ』が流れると、歌ったり、体でリズムを刻んだり、中には踊り出す子も!

ディズニーの名曲が次々に繰り出される『ウォルタイム・トラベル』では、4人が打楽器やリコーダーなどの楽器にもチャレンジ。子どもたちはもちろん、それを見守る大人の表情もとてもにこやかで、終始温かな雰囲気に包まれた音楽会となりました。

たくさんのご来場とアンケートのご協力、ありがとうございました
本公演の写真と保護者アンケートは、以下よりご覧いただけます。また、子どもたちが書いてくれたアンケートを公式インスタグラムで公開していますので、ぜひご覧ください。

 

公演の写真&アンケートのご紹介はコチラ!
インスタグラムリンク

Quatuor Bが贈る 3歳からの「はじまりの音楽会」レポ