久留米シティプラザ 久留米シティプラザ

4月公演「松竹大歌舞伎」の製作発表が行われました!

4月23日(火)にザ・グランドホールで開催する「松竹大歌舞伎」全国公文協主催中央コースの製作発表が、先日東京で行われました。松本幸四郎改め二代目松本白鸚、市川染五郎改め十代目松本幸四郎の襲名披露となる本公演。お二人からご挨拶のコメントが届きましたのでご紹介いたします。

◆◇◆ご挨拶◆◇◆

 

松本白鸚:昨年三十七年ぶりに高麗屋三代同時襲名をさせていただき、皆さまのお力添えをいただき無事に終了いたしました。各劇場一ヶ月間の長丁場でございましたが、四月の巡業は各地一日の公演でございます。一期一会といいますか、一瞬一瞬を大切に勤めたいと思っております。

今回『口上』を一番初めに行いたいとご提案申し上げたのは、今はやはり一番初めに俳優が出て、皆さまにご当地のことですとか襲名のご披露とかご挨拶をするのが良いのではと思った次第でして、大変楽しみでございます。

 

松本幸四郎:一昨年の十二月に三代同時に襲名を発表させていただきまして、大劇場での一ヶ月興行といたしましては昨年十一月に南座にて無事に終了することができました。今回中央コースでの興行でも襲名披露をさせていただきます。一日一日の公演で全国を回らせていただきますが、私は前回回らせていただいたのも数年前でして、本当に一生に一度、また私にとりましては襲名も一生に一度でございます。さらにご当地の皆様がご観劇になられるのも一日きりでございますので、その際に少しでも歌舞伎に興味を持っていただけるよう、また日常とは違う時間を過ごしていただけるように勤めて参りたいと思っております。今回は高砂屋のおじ様(中村梅玉)にご参加いただき、また襲名披露でございますので、父と私ともに高麗屋なりのおもてなしをさせていただきます。巡業ならではの、歌舞伎座や他の劇場ではできない、この巡業だからこそできることをやらせて頂こうと思い、今回はご当地ごとにイヤホンガイドを吹き込み、クイズなども盛り込んで、幕間にも楽しんでいただけるようにしたいと思っております。

 

公演情報はコチラ!

4月公演「松竹大歌舞伎」の製作発表が行われました!

2019年01月28日